麻木 いろり(まき いろり)

 

 心理カウンセラー

 交流分析士1級

 カラーセラピスト

 6月16日生まれの双子座 金星人プラス

  血液型 ・0

  家 族 ・夫・子供2人・犬2匹

 性 格 ・明るい時もあれば、

          めっちゃ暗い時もあります。

     よく喋る時もあれば、

          無口な時もあります。

     優しい時もあれば、

          優しくないときもあります。

カウンセラーになった理由

 

あなたを、「笑顔」にしたいからです。

私はあなたを笑顔にしたい。

うつむいて辛そうに歩いているあなたを笑顔にしたい。

笑顔は必ずあなたを救います。

     

私は、幼い頃から人の言動に興味がありました。

なぜあの人は、あんなことを言うのだろう。

どうしてこの人は、こんな行動を取るのだろう。

     

人は必ずしも心で思ったことを口に出すわけではない。

人は必ずしも心で思った通りの行動をとるわけでもない。

そんな人、いえ人間というものをもっと知りたいと思いました。

そしてそれ以上に知りたいと思っていたのが、人は「なぜ生きるのか」ということ。

なぜ生まれ、何のために生きるのか。

そこにはどんな意味があるのか。

私が5才の時に両親が離婚。

それからは親戚中を転々とし、小学校だけで7回転校しました。

他人の家で暮らしていたことによって、常に人の顔色を窺う子どもになりました。        

いつも親戚のおばさんに「あんたは可愛げのない子だね」と言われていました。

そもそも「可愛げのある子」とはどんな子なのかが分からなかった。

いつも優しい大人を探していました。(出会えた記憶はないけれど)

もの心がついた頃から感じていた違和感。

自分がこの世界に存在していることを実感できない。

私は誰で、なぜここにいるのか。

     

そんな中で、ひたすら本を読んで過ごしました

本の世界に浸ることで現実逃避をしていたと思います。

かなりの数の本を読みました。

そのうち何が現実で何が空想なのか分からなくなりました。

私にとって生きることは、とんでもなく苦しいことでした。

10代の頃の私のあだ名は「鉄仮面」でした。

笑ったことなどもちろん無いし、泣いたことすらありませんでした。

つまり、私には普通の人たちが普通に持ち得るはずの「感情」というものが無かったのです。

     

その私が心理学を学び、カウンセラーの資格をとり、カウンセリングというものに携わる        

ことによって、「なぜ生きるのか」という問いに、私なりの答えを見つけることができました。

そして私は「笑顔」になる努力を始めました。

毎日鏡を見て笑顔の練習をしました。

表情筋を鍛えました。

そしていつしかいつでも笑顔でいることが出来るようになりました。

私の笑顔は努力して手に入れたものです。

笑顔になってからの私の人生は驚くほどに変わりました。

人に優しくなりました。人が優しく接してくれるようになりました。

灰色だった空が青色になりました。

面白いことが増え、楽しいことが起きました。

人生を変えるのに、お金なんていりません。

人に頼る必要もありません。

「笑顔」でいる。

たったそれだけのことでいいのです。

     

私はここに来てくださる人を、いえ、私と関わってくださる人を笑顔にしたいのです。

笑顔になりさえすれば、あなたの人生は必ず変わります。

    

    

   

仕 事 

営業、事務、フリーライター、ドライバー、テレアポ、ライン作業、

雑誌の編集、自販機の詰替えまで色んな職種、職場で30年以上

仕事をしてきました。

大企業もあれば、家族でやっている会社もありました。

どの職場にも意地悪な人がいました。どの職場にも優しい人がいました。

面白い人や、いつも仏頂面をしている人、仕事ができる人、どん

くさい人、尊敬できる上司、口うるさいだけの上司。色んな人に

出会いました。

     

     

座右の銘

「いい加減」

ほんとはもっとカッコいいことを書きたかったのだけれど、

人生ほどほどに、良い加減でもって生きていくのがいいのだと

最近妙に納得しました。

講 座 

心理学の講座を開いていました。

たくさんの方が来てくださいました。

また、みなさんにお伝えできることがあれば、講座

をやらせて頂きたいと思っています。     

     

    

趣 味 

ギターを弾いています

3年前に大きな病気をしました。看護師さんに「よく助かりましたね」

と言われて、人間いつ死ぬか本当に分からないと実感しました。

それなら今までやったことのないことをやろうと思って、ギターを

買ったのです。

今は、たまにライブハウスで歌ったりしています。     

     

小 説 

小説を書いていました。

じゅん文学賞 文芸時評賞 コスモス文学奨励賞などを頂きました。