生きるのが苦しいと感じている人たち

​​苦しいのです。

生きているのが、苦しいのです。

家族はいます。友達もいます。仕事もあります。明日食べるご飯もあります。

他人には特に悩みなんてないように見えるらしいのです。

「いつも楽しそうでいいね」なんてことすら言われたことがあります。

そして自分でも何を悩んでいるのか分からないのです。

そもそも悩んでいるのかどうかすら分からないのです。

でも、苦しいのです。生きているだけで、息をしているだけで、毎日がとても辛いのです。

胸の奥の奥の方がいつも痛いのです。チクチクと痛いのです。目の前にはいつも薄いベールがかかっていて、世界がぼやけて見えるのです。

頭の中にクモの巣が張っているように、すっきりとしないのです。

これはなに?

なぜ?

自分だけ?

​他の人の世界はどうなっているの?

いつも思う。自分はなんてダメな人間なのかと。

どうしてみんなみたいに出来ないのかと。

みんなは人とうまくやっている。楽しそうに話している。なのにどうして自分はうまく人と関われないのか。何をやってもダメだ。

「大丈夫だよ。あなたは全然ダメなんかじゃないよ」

「ちゃんとやってるじゃない」「人より能力高いじゃない」

なんてことを言ってくれる人もいる。いえ、みんなそう言ってくれる。

だけど、だけど、自分じゃそうは思えない。

自分以外の人はもっと楽に生きているように見える。なのに自分は毎日息をしているだけで精一杯なくらいに苦しい。

楽しく生きるって何?楽しい人生って何?

何をどうしたら楽に生きられるの?

ずっとこんなふうなの? 自分は他の人と何が違うの?

生きるのってこんなにも苦しいの?

だったら、生きなくていい。でも死にたいわけじゃない。

ただ楽に生きたいだけだ。この生きづらさは何?

 

 

何かが違う。それが何なのかは分からない。けれど、自分はどこか人とは違う。そんなふうな違和感を持って生きている人がいる。そんなことを思わずに生きている人の方が多いので、違和感を持っている自分は変なのだと思ってしまう人がいる。

お笑い番組を観て、みんなは笑う。けれど自分は少しも笑えない。

悲しいドラマを観て、みんなは泣く。けれど自分は少しも泣けない。

嘘をつかれて、みんなは怒る。けれど自分は少しも怒れない。

親しい人が亡くなって、みんなは悲しむ。けれど自分は悲しくない。

どうして自分は人の持つ感情が持てないのだろう。

人の輪にうまく入れない。みんなと仲良くしたいのにできない。ほかの人がなんなくやってのけることが自分には出来ない。

たとえば「これ貸して」とか「今度映画に行かない?」なんて言葉を気易く言うことができない。

いつも何かに、誰かに、引け目を感じていて自然に振る舞えない。そもそも自然に振る舞うということがどういうことなのかが分からない。

生きていて楽しいと思ったことなんてない。

生き方が分からない。生きるって何? 何のために、誰のために生きるのか。誰に聞いても教えてくれない。

なぜ?

今、悩みがあって生きているのが苦しい人たち。

いつからなのかわからないけれど、ずっと生きづらさを感じている人たち。

生きづらいのはあなたのせいではありません。あなたが生きづらいのには理由があるのです。

それをあなたと話したいのです。

カウンセリングルームいろりに来てみてください。

カウンセリングを受けることに抵抗がある人がいます。カウンセリングってなんなんだって思っている人がいます。ここに来る勇気がありませんと言う人もいます。

でも、それでも一度来てみてください。

​きっとあなたの中の何かに気づきます。そして何かが変わります。