June 28, 2018

昔、心が痛かった。

心が痛いって何?

心ってどこ?

心臓? 

心臓が痛いの?

心って心臓にあるの?

なんてことを考えていた10代の頃。

毎日痛かった心。

物事は頭で考える。

で、心で感じる。

10代の頃、頭で考えていたのは、

この世界は幻想で虚無で生きる意味なんてなくて…ってなことばかり。

寂しいを通り越して哀しい

哀しいを通り越して虚しい

虚しさを通り越して…無

あの頃、心の奥底に大きな穴ぼこが空いていて、

そこから色んなものが落っこちていって、

落っこちるとき、心は痛くて悲鳴をあげていて、

それが辛くて痛みを感じないようにするために、

ジタバタジタバタしていたっけ。

...

June 23, 2018

人間生きてりゃ色々ある。

いつもヘラヘラ笑っている私ですが、

たまには落ち込むことだってある。

まさに先日、ドドーンと落ち込むことがあった。

あ゛ー、また来た。落ち込んだ。やな気分。

考えないようにしようと思っても、頭の中は否定的な単語で

満タン状態。

ダメだ、こりゃダメだ。

なんてことをブツブツ言っていたわけなんだけど、

今日、なんとか復活。

元の平穏な気持ちに戻った。よかった(^^;)

昔はちょっと嫌なことがあると、ずーっと引きずっていた。

あのときあんなことさえ言わなければ、あんな行動しなければ、

あ~、なんで、こんなことになっちゃたんだ。

ぐちゃぐちゃ...

June 21, 2018

生きてるだけで苦しい

ただ息をするだけでせいいっぱい。

そんなことがあるなんて、

普通に生きてきた人には分からないんだろうな。

別に食べるのに困っているわけでもないし、

今、特に大変な問題が起こっているわけでもない。

苦しいなんてこと、これっぽちもわからない。

昔、若かった頃、私は会う人ごとに聞いていた。

「生きるってなんですか?」って。

「人はどうして生きているんですか?」って。

「生きることに意味はあるんですか?」って。

私の納得する答えを言ってくれた人は誰もいなかった。

どころか、ある人から

「あのね、誰もそんなことを考えていないよ」と言われた。

それか...

June 14, 2018

私が10代の頃、暗い部屋の片隅で、

ひとりぼっちで聞いていたのが、

森田童子さんのレコード。

あの頃、私は絶望していて、その私の心に

ぴったりと寄り添ってくれていたのが、

彼女の曲。

森田童子さん、4月24日に亡くなっていたんですね。

66歳だったそう。

決して華やかな場所には出なかった人。

素顔も話し声も知っている人は少ない。

この人はどうしてこんなにも絶望出来るのだろうと

思いながらも自分の絶望を重ね合わせていたあの頃。

1993年にドラマ「高校教師」の主題歌に

「ぼくたちの失敗」が使われたことによって、

再びブレイク。

若い人たちにも彼女の存在が知られるよ...

June 3, 2018

前回の記事に、迷ったときは「楽しい」と思う方を選んでね。

なんてことを書いたのだけれど、

いや~、言うは易し行うは難しだね。

今まさに迷っているのだけれど、「よっしゃ楽しい方を選ぶぞー」

なんて言って、即決めるなんて出来ないや(^^;)

絶対にこっちの方がいいと思うのだけれど、

「でも」「だって」「やっぱり」なんて言葉が頭から離れない。

ん~、だけど、今までと同じ考えをして同じ行動をしていたのでは、

何にも変わらないもんね。

変わるって、ほんと大変なことなんだよね。

勇気を持ってやってみよう。やってみるぞ。

「楽しい」と思う方を選んでやる!(^^)V

Please reload

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic