October 25, 2018

ある日、行きたいと思っていたところに行き着いた。

それは遥か昔から、私が行きたいと思っていたところで、

やっとやっと行き着いた。

その瞬間は(^^)vヤッターって感じ。

ついについに来たぞ来たぞ。

ここだここだ、この場所だ。

なのに……

ちょっと居ただけなのに、

なんか…

どうしてなのか…

やっぱり、行きたくなった。

ここじゃないどこかへ…

結局、行きたいところなんて無いのじゃないか。

行きたいと思っていただけで、実は行きたいわけじゃなかった?

澱のようにたまってくる何か。

それが何かはわからない。

いったいどこに行きたいのだろうね…。

いつだっていつだって、人生は選択の連続。

生きることは選択することで、

選択によって人生は創られる。

今日までの自分の人生は選択の結果。

だから思う。

選ばなかった方を選んでいたらどうなったかと。

いつだって妄想するのは選ばなかった方。

もしもあの時…もしもあの日…

でも、選ばなかった方を選んでいても、

やっぱり、選ばなかった方のことを考える。

結局、「今」に満足していないってこと。

それなら「今」に満足していたら、そんなことは考えないのかというと、

やっぱり、あっちを選んでいたらどうなっていただろ、なんて考える。

なんだなんだ、

人間って、そういう生き物なん...

October 8, 2018

昔、

私はこの世界に存在しているのかどうか

わからなかった。

私は生きている……いる?

ここに居るのに誰の目にも入っていない。

私の声は誰にも届かない。

私の姿は誰にも見えない。

いるのにいない。

でも、私はいる?

いるの?

どこに?

そんなことばかり考えていた。

今、

私はこの世界に存在しているという実感がある。

私は生きている……いる。クェッションマークはつかない。

どうして実感するに至ったのかというと、

倒したから。私の中でいつも私を支配していた大きな敵を。

倒したから。

何十年という気が遠くなるような時間、私は支配されていた。

支配されていたということにすら気が...

Please reload

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic