幸せになりたい

人はいつも思っている。

幸せになりたいと。

でも、幸せって何?

突き詰めて考えるとよく分からなくなってくる。

あれが手に入ったら、この願いが叶ったら、

幸せになる。

なる?

なった気がする。

その一瞬だけ。

一切れ一万円のお肉を食べました。

「おいしい、すっごくおいしい。幸せ~」

でも、毎日それが食べられたら、それって普通のこと。

普通のことは別に幸せじゃない。どころか、そんなもん毎日食べたら

病気になる。

あの人と結婚出来たら幸せになれる。そう思って結婚した。

確かに幸せになった。

でも、それも三年経ったら普通のこと。毎日毎日同じ顔を見てる。

特には幸せなんて思わなくなった。

あれがあったら、これがあったら、この人があの人が……

でも、いつだって幸せはひと時だけで、いつの間にかどこかへ

行ってしまう。幸せが自分のところにいてくれる時間は

ほんの一瞬。

ずーーーっとではない。

だけれど、よく考えてみれば、生きていて、色んなことがあって、

良いことも悪いこともあって、そしてそれが

ずーーーっと続くことなんて何もない。

だって、いずれ自分の命だって終わるのだから。

幸せって何?

感じるもの。感じ方。

物事はずっとは続かない。そしたら幸せも続かない?

幸せだと感じた事象は続かない。でも、幸せを感じる心は、

続けようと思えばいつまでだって続けられる。

雨が降ろうが、大雪になろうが、振られようが、

リストラされようが、離婚しようが、破産しようが、

自分はいつだって幸せだと思いさえすれば「幸せ」

(かなり無理があるけれどね)

「幸せは自分の心が決めるもの」

って、相田みつをさんがおっしゃっている通り。

自分で決めればいい。

何もかも、幸せも不幸も自分で決めればいい。

どんな状況にあっても、自分は絶対に幸せだと思えばいい。

幸せは、意思の力です。

カウンセリングルームに来る相談者の方に聞かれることがあります。

「いろりさんは今、幸せですか?」と。

私は少しだけうつむいて、そして答えます。

「ん~別に幸せでもないかな」っと。

なんだそりゃあです。

幸せは意思の力とかなんとか言っておいて、自分は幸せじゃないんかい。

そうなんです。私は特に今、幸せとか思わないんです。かといって不幸とも思わないんです。

なんていうのかな、つまり幸せとか不幸とか、そういうことを別に考えなくなったのかも知れないです。

厄介ごとがやって来ると厄介だなと思います。楽しいことがやって来ると、楽しいなって思います。そして、ただそれだけのことなんです。

そんな境地になったのは歳を重ねたせいかもしれません。それはある意味とっても穏やかになれたということでもあるし、なんだかとってもつまらなくなったということでもあります。

だからこそ、今なら幸せについて語り合えると思うのです。

​幸せについて一緒に話しませんか?