ずっと…生きてる

私の辞書に無い文字


「努力」「根性」


この文字、無い。絶対に無い。


あったためしが無い。


よって「持続力」なんてものも無い。


これは自慢。っなわけないじゃんね。


努力が出来る人ってすごいと思う。


根性のある人って尊敬する。


目標を決めてそれをやり遂げる人って素晴らしい。


そんな人に私もなりたい。


ずっとそう思って生きてきた。


しかし、


結局、


今をもってもそんな人にはなっていない。


相変わらず、めんどくさいな~、飽きちゃったな~


ってなことを思いながら生きている。


まったくテキトー、いい加減。


でも私がひとつだけずっと続けていることがある。


それは「生きてる」ってこと。


生まれてから今日まで、けっこう長いこと生きてる。


これ、私にとってはすごいことだ。


「生きてる」


これだけは継続してる。えらい(^^)


そんなことみんな継続してるって?


うん、だからみんなもえらい(^^)


生きてるって、ただそれだけで大変なことだよ。


それをみんなやってるんだから、みんなすごい。


なにが言いたいんだ私。


いえ、なんか、最近、秋でもないのにやたら感傷に浸ってる。


あ~、苦しい人生だったな~とか、


ほんとよくやってきたな~、とか。


ノスタルジックな思いが溢れてくる。


令和になって、昭和に浸る。



私が入学した小学校はこんな感じだった。


木造校舎。


懐かしいね。


今はもう木造の校舎なんて無いからね。


階段を上るとき、ミシミシと音がしたっけ。


トイレも水洗じゃなかった。


それがあっという間に鉄筋の校舎になって、


何もかもきれいになって、トイレも水洗になって、


今なんてシャワートイレになってたりして。


カウンセリングルームに来てくれる方の中には、


「生きるのが苦しいです」


「あとまだ何十年も生きないといけないなんて…」


なんてことをよくおっしゃる人がいます。


私も若い頃は本当に、まだあと何十年も生きるなんて、


そんなしんどいこと勘弁してほしいって思っていた。


でも、最近は人生の残りの時間が明確になってきた。


本当に終わるんだな~って実感してきた。


なのでやっぱり、


努力とか根性なんてのは無くていいや(^^;)




99回の閲覧