まったく限りはないわけで…

とてもとても欲しいと思っていたものが、


やっとやっと手に入った。


すごくすごく嬉しくて、楽しくて幸せで…


けれどあっという間に時は経ち、


あんなに欲しくてやっと手に入れたものなのに、


それは色あせていて、


もう…いらない。


そして、また新しいものが欲しくて欲しくて。


いったい人間はいつまでそんなことを繰り返すのか。


たぶん、死ぬまで繰り返すのだろう。


「足るを知りなさい」


知ったかぶりの親がそんなことを言う。


無理だから。


いつだって欲しくて、


なんとか手に入れて、


それで、あっという間に


いらなくなる。


人間はそんなことを繰り返す。


死ぬまでね。


それで別にいいのじゃないかと、そう思う。




井上陽水さんの歌


「限りない欲望」


限りないもの それが欲望

流れ行くもの それが欲望


子供の時欲しかった 白い靴

母にねだり手に入れた 白い靴

いつでもそれを どこでもそれを はいていた


ある日僕はおつかいに町へ出て

靴屋さんの前を見て立ち止まった

すてきな靴が飾ってあった 青い靴


限りないもの それが欲望

流れ行くもの それが欲望


僕が20才になった時君に会い

君が僕のすべてだと思ってた

すてきな君を欲しいと思い求めていた


君と僕が教会で結ばれて

指輪かわす君の指 その指が

なんだか僕は見飽きたようで いやになる


限りないもの それが欲望

流れ行くもの それが欲望


僕はやがて年をとり死んでゆく

僕はそれをあたりまえと思ってる

それでも僕は どうせ死ぬなら天国へ


限りないもの それが欲望

流れ行くもの それが欲望





62回の閲覧

最新記事

すべて表示

カウンセリングルームを閉所します。

2020年11月30日をもちまして、 カウンセリングルームいろりを閉所します。 諸般の事情により、鹿児島県へ転居することになりました。 今までたくさんの方々にお越し頂きました。 本当にありがとうございます。 たまにしか書かないブログも見てくださり、 感想メールや応援メールも頂きました。 とてもとても名残惜しいのですが、カウンセリングは 11月のご予約をもって終了とさせて頂きます。 皆さま、ありがと