検索
  • 名古屋カウンセリング いろり

一生懸命?

三省堂に平積みにされていたので、


思わず買ってしまった。


「あやうく一生懸命生きるところだった」


韓国の人が書いた本なんだけどね、タイトルがいいね。


「一生懸命」


こどもの頃から言われてきた言葉。


「一生懸命やりなさい」


「あの子をみなさい、一生懸命やってるでしょ」


「一生懸命やれば必ず認めてもらえるから」


一生懸命にさえやれば必ず結果が出るのだと。


結果が出ないのは一生懸命が足らないからだと。


ずっとそう言われてきた。


親も、学校の先生も、近所の人も、テレビも、


一生懸命、一生懸命、


大人になって思った。


一生懸命やっていても、結果が出ない人がいる。


その反対にテキトーにやっていてもすごい結果を出せる人もいる。


って、ことは?


「運」ってのもかなりある。


『必死に努力したからといって、必ずしも見返りがあるとは限らない』

『必死にやらなかったからといって、見返りがないわけでもない』


この本、そういうことが書いてある。


みんな一生懸命って好きだよね。


私も好きだよ。一生懸命な人。


見ていてすごいな~って思う。偉いな~って思う。


羨ましいな~って思う。


一生懸命出来るって、ある意味才能だよね。


ただ私は、一生懸命ってのは苦手。


というか、今までの人生を振り返ってみても、


一生懸命やったなんてこと、あったかな?


ん~、思い出せない。


まあ、座右の銘が「いい加減」なわけだし、


努力が嫌いで根性も無いからな~。


「まったくいつもいい加減なんだから」


「どうしてそんなに適当なの」


なんてことはよく言われてきた。


いつもそんなことを言われると、


「一生懸命やらない自分はダメ人間だ」


って思ってた。だから私はダメなヤツだと。


ずっとそう思っていた。


まあ今も思っているけど、昔よりは思い方がゆるくなった。


一生懸命じゃなくてもいいじゃんね。ダメ人間でもいいじゃんね。


適度にテキトーにでいいじゃんね。


いい加減って、ほんと良い加減だよ。


昔と違って、今の時代は多様な生き方、考え方ができる。


なんでも有りだし、なんでもいいよ。


好きなことは自然と一生懸命やるじゃない。


一生懸命なんてことを意識していなくて、好きだからやってる。


嫌いなことを一生懸命やろうとすると苦しいよ。


「我慢」と「辛抱」って違うからさ。


一生懸命やりたい人はやって、やりたくない人はやらなくていいよ(^^)




0回の閲覧