検索
  • 名古屋カウンセリング いろり

夢は何ですか?って聞かれても…

昔からよく聞かれました。


「あなたの夢は何ですか?」って。


一番最初に聞かれたのは、たぶん幼稚園の頃だったと思う。


それからは事あるごとに聞かれるのです。


夢は何? やりたいことは? 将来はどうなりたいの?


そのたびに私は無理やり夢とやらを作って答えていたのだと思う。


夢を持たない人間はダメ、やりたいことがないなんてダメ


世間はそういう風潮です。


夢に向かって突き進んでいる人は素晴らしい。


夢のために努力している人は尊敬する。


みんなそう思っている。


私も、「夢はなに?」って聞かれるたびに、なんとか答えていた。


大きくなったらケーキ屋さんになりたいとか、


大きくなったらなったで、こういう会社でああいう仕事がしたい

とか、


別に本気でそう思っていたわけでもないけど。


あっそうそう、3年くらい前だったかな、ギターを弾いて、


金山のアスナルライブの公開オーディションに出たんだけど、


そのときの審査員の人にも聞かれました。


「あなたは将来どうなりたいですか?夢はなんですか?」って。


将来って言ったって、10代や20代じゃないんだから、


今が将来なわけだし(^^;)


夢ったって、別にシンガーソングライターになりたいわけでもないし、


なれるわけでもないじゃんね。


一緒に出演していた人達はみんな若いから、夢を語っていたけどね。


夢は見るものっていう人と、夢は叶えるものっていう人がいるけど、


私は夢なんて無くてもいいじゃんって思う人です。


夢が無く特にやりたいことが無い人って、実は本当に幸せな人なのかもしれない。


日々をただ淡々と生きる。


焦ることも羨むこともなくその日を生きる。


ほめられたいとか、認められたいとか、そういう思いもない。


これが出来たらあれが出来たら、認められたら、人生が変わるって


思って生きているとけっこう辛い。


もっとも私もけっこう年齢を重ねたから、こんなことが言えてるわけで、


若い頃は、淡々と生きるなんて無理だったけどね。


って思うと、年齢を重ねるのも悪くない。


今はね~、「夢はなんですか?」って聞かれたら、


「夜、ぐっすり眠ることです」って答えます(^^;)








41回の閲覧