検索
  • 名古屋カウンセリング いろり

結婚しないほうが幸せ?

今日、本屋さんをブラブラしていて


目についたので買ってしまった。


「結婚不要社会」















社会学者、山田昌弘さんの本。


『好きな相手が経済的にふさわしいとは限らない。


経済的にふさわしい相手を好きになるとも限らない。


しかも結婚は個人の自由とされながら、


社会は人々の結婚・出産を必要としている。


これらの矛盾が別々に追及されるとき、


結婚は困難になると同時に、不要になるのである。』


って書いてある。


へ~、


結婚が不要な時代。結婚しない方が幸せになる時代。


それが令和?


カウンセリングルームにいらっしゃる方たちの中でも、


結婚というワードで話される方はたくさんいらっしゃいます。


結婚したいけれど、なかなか相手が見つからない。


今、付き合っている人がいるのだけれど、結婚までは考えられない。


自分は結婚したいのに、相手はしたくないみたい。


周りがみんな結婚し出したので、自分もしなければと焦る。


このままずっと一人だと思うと不安になる。


などのような悩み相談を受けることもよくあります。


先日いらした方には、


「結婚のメリットは何ですか?」


と単刀直入に聞かれました。


私が結婚したのは昭和です。


昭和の時代は、誰でも結婚していました。


とにかくどんな人でも結婚をしていました。


結婚はするべきもの、いえ、しなければならないもの。


だったんです。


昭和の時代、女性が結婚する一番の理由は、経済的なものでした。


でも今は違います。


女性でも男性並みの経済力をもっている人もいますし、


そこまでではなくても、自分一人の食い扶持くらい稼げます。


だとしたら、なぜ、なんのために結婚するのか。


結婚は必要なのか。


なんてなことを日頃から考えていたので、この本が目に入ったのだと思う。


まだ、さわりだけしか読んでいないので分からないのだけれど、


この本にはその答えが書いてあるのかな。


と、いうわけで今からじっくり読んでみます。


私は、結婚経験者なので思うのですが、


もし、次に生まれて来ることがあったら、結婚はしないな(^^;)





50回の閲覧