私、さみしいんです。


カウンセリングルームの電話にかかってきたのです。

「私、さみしいんです」って。

ルームの電話といっても私の携帯なんだけど、

ルームの営業時間は21時までなのだけれど、

それを過ぎた時間なのにかかってきたのです。

もちろん以前クライアントさんとして来てくださった方なので、

知っている人です。

なんと答えてあげていいのかわかりません。

でも、さみしいという気持ちはわかります。

私も、さみしい時ってありますから。

何をしていても、誰と笑っていても、

さみしいと感じることはあります。

心が、ずどーんと落ちる感じ。

暗闇に真っ逆さまに落ちて行く感じ。

そんなときどうしたらいい?

彼女もどうしようもない夜だったので、

思わず私に電話をかけてしまったのでしょう。

そんなとき、

腹筋してください。

腕立てしてください。

床を拭いてください。

部屋の中の片づけをしてください。

お風呂も磨いて、トイレもピカピカにしてください。

なんてことはないのです。

身体を動かせばいいのです。

さみしい気持ちはある意味心地いいのです。

浸っていると、なんだか人生が小説のように、映画のように

自分がその主人公になっているような感じがするのです。

さみしくて辛いけど、悲しいけど、なぜか

心が震えるのです。

そしてさみしさが増してくるのです。

誰かと話したくなってくるのです。

誰かに、自分は今、さみしさというどらまの主人公に

なってますよ、観てくださいって言いたくなるのです。

まあ、ある意味、それはとても心地いいものでもあるんです。

だから、本当は元気になんてなりたくなかったりもします。

だって、私が身体を動かしてねって言っても、さみしい人は、

まず私の言うことなんて聞かないからね。


56回の閲覧