検索
  • 名古屋カウンセリング いろり

偶然なんてないと思えば


いつの頃からか、

たぶんかなりの年月を生きて来たな~と思った時からかも知れない。

自分の身に起こることは、全て「必然」なんだって実感した。

若い頃は、「偶然」しかないんだと思っていた。

良いことも悪いことも、偶然に起こったことだとしか考えなかった。

けれど、半世紀以上を生きて来た今、自分の人生を振り返ったとき、

あれもこれも、偶然なんかじゃない。これは全て必然なんだ。

そう思ったとき、すべてのことに意味があるということも実感した。

20年前のあの出来事は、今日のこのためにあったんだとか、

あの時の言葉は、今自分がこういう目にあった時のために投げかけられたんだ、

なんてことが分かる。

若い頃の私は、生きることは「点」だと思っていた。

その日。その時、その瞬間、今だけ、それしか無いと思っていた。

というより、かなり刹那的に生きていたので、今日さえ生きればそれでいい

なんていう極端なことすら思っていた。

だけれど、今日までなんとか生きて来て、振り返ってみたら、

人生は、点ではなくて、「線」だったのだと気がついた。

繋がっていたんだ。ずっとずっと…

そう思ったときに初めて世の中に偶然なんてなくて、

全ては必然なんだと実感した。そして必然なのだと思ったら、

起こることの全てが、愛おしく感じるようになった。

今の自分にとっての悪い出来事は、10年後の自分にとって必要なことなのかも。

今、自分が舞い上がっている嬉しい出来事は、未来に起こることの警鐘かも。

必然を感じるようになったら、出会いの一つ一つを大切にしようと、

起こることの一つ一つも大切にしようと、そう思うようになった。


0回の閲覧