検索
  • いろり

時間が過ぎて行くのです


止まらないのです。

絶対に。

どうやっても、誰がどう頑張っても、化学でも、宗教でも、

絶対に止めることが出来ないのです。

「時間」

世の中は本当に不公平に出来ている。

平等なんて言葉は初めから世界には存在していない。

存在していないものだからこそ、人は声高に叫ぶ。

「平等に」って。

生まれた場所、時代、それらによって人は全く違う人生を送ることになる。

私は幼い頃からよく思っていた。

いつか本当の両親が私を迎えに来るのだと。

ずっとずっとそう思い続けていたけれど、

そろそろ諦めなくっちゃね。

だって、私の両親は本当の両親なのだから。

私はこの両親のもとに生まれたということを

もういい加減に受け入れろ。

ほかに私の親なんて存在しないのだから。

だけど、不公平だよな~

優しい親の元に生まれた人と、そうじゃない親の元に生まれた人は、

もうそのスタート時点でその後の人生が全然違う。

たった一つ、この世界で平等なのは「時間」だ。

時間だけは誰の元にも平等に過ぎる。

生まれて、生きる。そして死ぬ。それが「時間」

あの人もこの人も、みんな時間の流れの中で生きている。

どんなに苦しいことがあっても、必ず終わる。

必ず、必ず、終わる。

だから、

なんだか、

そんなに色んなことに拘らなくてもいい。

時間は過ぎて行くのだから。


0回の閲覧