不幸じゃない


最近、私は不幸ではなくなった。

以前の私は、自分はとても不幸だと思っていた。

この世の中には、「幸せ」と「不幸」の二つしか無いと思っていた。

だから幸せではない自分は不幸なのだと思っていた。

いつも今、自分は幸せなのか不幸なのかと考えていた。

もっとも、幸せだなんて思ったことはなかったのだけれど…。

そんなふうに半世紀以上を生きてきたのだけれど、

やっと最近思うのです。

不幸じゃないと。

そして、世の中は幸せと不幸のふたつだけではないっていうことを。

幸せに焦点を当てると、裏側は不幸ということになるし、

不幸に焦点をあてれば、裏側が幸せってことになる。

ただ、どちらにも焦点を当てなければ……

幸せでも不幸でもない。

そう、最近私は、どちらにも焦点を当てなくなったのです。

昔は強烈な焦点を当てていた。

今、どちらにも焦点を当てていない。

だから、幸せでも不幸でもない日がほとんどになった。

もっと言えば、幸せとか不幸とかということを考えなくなった。

考えなくなったので、楽になった。

考えないといことはとても大切なことかも知れない。


30回の閲覧