大丈夫、必ず死ぬから。


私はどうしたらいいのでしょう。

僕はどうしたらいいですか。

生き方がわかりません。

生きているのが苦しいです。

今、死にたいと思っています。

沈痛な面持ちで、今、自分がどんなに苦しいかを話す人たち。

わかります。

私、それ、すごくわかります。

だって、私も、ずっと長い間、苦しんで来たから。

今日をやり過ごすことだけで精一杯。

明日のことなんて考えられなかった。

死にたいと心が叫んでいた…あの頃。

でもそれは、今思えば、「生きたい」という叫びだった。

死にたいと願うことは、生きたいということの裏返し。

生きることが苦しくさえなければ、誰も死にたいなんて思わない。

なぜ、そんなに生きることが苦しいのか。

理由なんて探せば星の数ほど出てくる。

こじつけられることは山ほどある。

そんなに苦しいのなら、死んじゃえばいい。

でも、死んだりはしない。

だって本当は死にたくなんてないのだから。

だったらどうしたら?

今日だけを生きればいい。

明日のことを思わない。

昨日のことを思わない。

それが無理なら、今この一時間だけ、一分だけ、一秒だけ。

一秒だけなら生きていられる。

だから、一秒だけ生きていよう。

一秒を60回生きられれば一分も生きられる。

そして、そんな時間をどんどん重ねて、気が付いたら

一日を生きていた。

一週間を生きていた。

一ヵ月を、一年を、十年を五十年を生きていて、

いつしかちゃんと寿命が来て、望み通り、死ぬことが出来る。

だからそんなに慌てなくても大丈夫。

人間の死亡率は100%なのだから。


48回の閲覧