検索
  • いろり

自分は自分で生きていく。


カウンセリングにいらっしゃる方々は、

自分のことを肯定的に見られない人が多いです。

自分のことを好きじゃない人が多いです。

どうして自分はこんなに人の目を気にするんでしょうか。

どうして自分はもっと気楽に生きられないのでしょうか。

自分の周りにいる、人のことを気にしないであろう人たちと

自分を比べて、自分はダメだと思ってしまう。

あんなふうにワイワイできない自分はダメ。

あんなふうに気易く人と関われない自分はダメ。

そして、

「いいですよね、あんまり物事を考えない人って」とおっしゃる。

なので私は、

「なりたいですか?そういう人に」と聞くのです。

するとたいていの人は、

「いえ…なりたくはないですけど」と言われます。

考え過ぎちゃう人はちょっと辛いです。

人のことを気にし過ぎちゃう人はちょっと辛いです。

でも、

思慮深いと、人生の色合いも濃くなります。

感じる力が強いと、人生の微妙な機微を味わえます。

風の匂いに敏感で、空の青さが目に染みて、

生きてることは辛いな~とつぶやいて、

それでもやっぱり生きていて。

敏感な人からみると鈍感な人って羨ましいって言うけれど、

それじゃあ鈍感に生きたいかと言われれば、やっぱりそれは嫌で。

鈍感な自分にはなりたくなくて。

傷つきやすい自分を受け入れる。

ダメな自分を受け入れる。

どんな自分も受け入れる。

自分は自分で生きて行く。


0回の閲覧