幸せになりたい


いつも思っていた。

どこに行けば、何をすれば、誰に会えば、

幸せになれるのかと。

色んなところに行き、色んなことをして、色んな人に会った。

けれども、すこしも幸せになんてなれなかった。

ひょっとして幸せなどというものは、この世界に存在しないのじゃないか。

幸せというものが、きれいな箱に入っていて、

誰かが「さあどうぞ、これが幸せです」と言って、

差し出してくれるとでも思っていたのだろうか。

たぶん…思っていた。

いつかきっと、誰かが幸せをくれるのだと思っていた。

そのくせ自分が人に幸せをあげるなんてこと、露ほども考えていなかった。

自分があげないものを、人からだけもらおうなんて、

自分勝手もいいところ。

あるとき、自分があげられるものをあげてみた。

「笑顔」

そうしたら、あげた人が嬉しそうに微笑んだ。

嬉しそうに微笑んだ人を見たら、ちょっと幸せな気持ちになった。

幸せな気持ち? 

何度も声に出さずにそうつぶやいた。

そのあと、もういちどつぶやいた。

ひょっとしたら…そういうことなのかもしれない…と。


70回の閲覧