心に穴があいていて…


生きてるだけで苦しいのです。

ただ生きてるだけで。

それ、普通に生きてる人にはわからないです。

生きてるだけで苦しいひとは、

心の底に穴ぼこがあいていて、

そこからいつも

なにか大切な物が落ちていく。

それがとても苦しくて、

どうにかしたくてジタバタしていて、

ジタバタすればするほど、

穴ぼこは大きくなって、

ますます深くに落ちていく。

もっともっとジタバタしたら、

もっともっと落ちてしまった。

穴ぼこには底がなくて、

どこまででも落ちていく。

真っ暗闇の底なしへ。

生きてるだけで苦しい人は

そんな感覚を持っている。

どうしたらいいですか?

と聞かれても、

どうすることも出来なくて。

でもひとつだけ言えることは、

「ジタバタしないでください」ということだけ。

穴ぼこを意識しないでください。

穴ぼこはただそこにあるだけ。

穴ぼこがあいたまま、そのまま自分は生きて行く。

覚悟?  

いえ、慣れ。

自分であけた穴じゃないから、どうしようもない。

受け入れて生きているうちに、

慣れてきて、生きるのはそれほど苦しくはなくなる。


45回の閲覧