自分が一番


人って誰でも自分が一番大事だよ。本当だよ。

あの人は犠牲的精神でもって、人助けをしている立派な人だ。

なんて言われている人だって、一番大事なのは自分だよ。

自分を犠牲にしてまで人を助ける人なんてないよ。

そんなことない? 自分を犠牲にしても人を助ける人を知ってる?

それはね、そう見えるだけだよ。

人を助けられる人っていうのは、自分自身に余裕のある人だからね。

経済的にも精神的にも余裕があれば、困っている人を助けることは出来る。

余裕がないのに人なんて助けられないからね。

みんなみんな誰だって自分が一番大事だよ。

他の人も、いえ、人間は全員自分が大事なのに、他の人は自分を犠牲にしてでも

困っている自分を助けてくれるものだと思っていたりする。

だから、助けて欲しいと言っても、助けてくれなかった人のことを恨んだりする。

人に助けを求めるのは悪いことではないよ。むしろ良いことだよ。

だけれど、100%助けてもらえるなんて考えることは間違ってる。

だれも100%なんて無理だから。

そんなこと思ってない? つもりでも要求ってどんどん上がるからね。

人に何かを頼んだとき、60%もやってもらえたら大感激。

50%でも感謝感激雨あられ。

まあ30%が普通。いえ、やってもらえないのが普通って思っていたら、

ちょっとやってもらっただけで、すっごい嬉しい。

それくらいに思って生きていたら楽だよ。


53回の閲覧