検索
  • いろり

職場が辛い


この季節、街に出るとリクルートスーツに身を包んだ

新社会人の人たちの姿が目につく。

みんなピカピカしている。……ように見える。

「あ~、これから社会人としての生活が始まるんだな」と思って、彼らに、

「頑張ってね、楽しんでね」とエールを送る。

私のカウンセリングルームには、若い人もたくさん来る。

安いからというのも理由のひとつ。

それから、

「いろりさんのホームページを読むと、ゆるい感じがして安心感がある」

「この人なら分かってくれるかなと思って」

なんてこともよく言ってくれる。

20代の人の悩みは、仕事の事がほとんど。

職場に馴染めない。

上司と折り合いが悪い。

コミュニケーションがうまく取れない。

仕事を覚えられない。

同期の中で自分だけ浮いている。

こんな毎日がこれからずっと続くのかと思うと憂鬱になる。

月曜日が来るのが恐怖だ。

もう一度学生に戻りたい。

職場が辛い。仕事が辛い。毎日が辛い。

自分はどうしたらいいんだろう。

ということを切々と訴える。

そういう人たちに共通しているのは、大学まではそつなくやってこられて、

親や先生から怒られたことがほとんどないということ。

でも会社に入ると、上司や先輩から叱責を受ける。

初めての仕事で覚えることも多く、うまく出来ない。

自分はもっと出来るはずなのに、こんなはずじゃないのに、

どうして…

ということになる。

確かに中には理不尽な上司もいるだろうし、意地悪な先輩もいる。

仕事だって一人前になるためには何年かかかる。

その何年かが我慢できない。

すぐに出来るようになりたいし、なれるはずだと思っている。

仕事ってやっぱり厳しいし、辛いこともいっぱいあるんだよね。

でも達成感もあるし、なによりお金をもらえるし、

食い扶持を稼がないと、資産がある人以外は生きていけない。

「全く今どきの若い者は」なんてことを言うつもりはさらさらない。

嫌ならね、辞めちゃえばいいよ。

せっかく入った会社だけど、一流企業だけど、給料いいけど、

そんなこと、どうでもいいくらいに嫌なら辞めたらいいよ。

日曜日の夜がどん底なくらいに憂鬱なら辞めちゃえばいいよ。

「でも、どうせどこに行っても同じだと思うし」

と言う人がほとんどだけど、確かにそうかもしれないけれど、

転職すればするほど条件は悪くなるかもしれないけれど、

それでも、ほんとに毎日が憂鬱でつまらなくてうんざりするのなら、

辞めちゃえばいいよ。

誰がなんて言おうと、自分が決めたのならそうしたらいいよ。

決断がつかないのなら、まだ出来るってことだし。

鬱になるくらいなら辞めたらいいし。

どうしたらいいのか分からないなら、ここに話に来てくれたらいい。

本当はどうしたいのかは自分が一番分かっているのだから。

それを「常識」という呪いの言葉が覆い隠しているのだから。

大丈夫だよ。楽しいと思うことをして生きていれば、人生は楽しいことの連続だから。


94回の閲覧