絶望していた時に聞いていた曲


私が10代の頃、暗い部屋の片隅で、

ひとりぼっちで聞いていたのが、

森田童子さんのレコード。

あの頃、私は絶望していて、その私の心に

ぴったりと寄り添ってくれていたのが、

彼女の曲。

森田童子さん、4月24日に亡くなっていたんですね。

66歳だったそう。

決して華やかな場所には出なかった人。

素顔も話し声も知っている人は少ない。

この人はどうしてこんなにも絶望出来るのだろうと

思いながらも自分の絶望を重ね合わせていたあの頃。

1993年にドラマ「高校教師」の主題歌に

「ぼくたちの失敗」が使われたことによって、

再びブレイク。

若い人たちにも彼女の存在が知られるようになった。

それでも森田童子さんは表舞台には出て来なかった。

レコードをとっくの昔に処分してしまっていた私は、

「ぼくたちの失敗」のCDを買って、20年余の時を経て

再び彼女の歌を聞いたのです。

そのときの私は、やっぱり絶望していて、

その絶望は10代の頃より巨大化していた。

そして、それからなお20年の時が経ち、

今、私は絶望とは無縁になっていた。

訃報を聞いて、今また彼女の曲を聞いてみた。

懐かしいね。

何もかも。

私の長年に渡る絶望すら懐かしい。


48回の閲覧