結局誰にもなれなくて…


あんな人になれたなら、

こんな人であったなら、

ああなりたい、こうなりたい。

あの人素敵、カッコイイ

あ~、どうしたらあんな人になれるんだろう。

あんな人になれさえしたら、私はきっと幸せになれるのに。

なんてことを思っていた若い頃。

いえ、最近まで思っていたかも。

自分じゃない誰かになりたいと。

自分だから幸せになれないんだ。

自分じゃない人になれたら人生はもっと違うものになるはず。

なんてことを来る日も来る日も思っていたっけ。

それって自分にオッケーを出していないってこと。

自分じゃダメってこと。自分なんて自分なんて……

ってわけでネガティブ全開。

人生のほとんどをネガティブで生きてきたかも。

でも、今まで生きて来た時間より、残りの時間の方が少なくなって、

ようやく諦めた。自分は自分で他の誰にもなれないってこと。

やっとかい。その歳になってようやくかい。

そうなの、ようやくなの。

自分は自分で他の誰にもなれない。

だから、このままの自分で、まっいっか(^^)

ほんとに自分でいっかって思えたら、楽になった。

ネガティブもなくなった。

ポジティブになったわけじゃないけれど、

どどーんと落ち込むことは無くなった。

落ち込む一番の理由って、人と比べることにある。

自分と人を比べて、あれがダメこれがダメ、ダメダメ連射攻撃

しかも比べる相手は自分よりはるかに出来る人。

自分にはとうてい出来ないことをなんなくやってのける人。

そんな人と比べてるんだから、自分はダメって思うのも無理はない。

もうね、やめたよ。人と比べるのは。

比べている限り、心の平安は訪れないんだから。

比べないとね、楽チンだよ。

ほんとに楽。楽だから、毎日楽しくなった。

楽と楽しいって同じ字だからね。


64回の閲覧