検索
  • いろり

心の天気をつけてください。


8月も、もうすぐ終わり。

今年の夏はとんでもなく暑かった。

気温40度なんて日もあって、

息をするだけで精一杯。

果たしてこの暑さを私は生き延びられるのか、

なんてことは考えてはいなかったけれど、

とにかくとにかく暑かった。

まだまだ暑いけれど、お盆を過ぎると風が少しだけ秋めいてくる。

で、秋が来て冬が来て春になって、また夏が来る。

当たり前に季節は変わる。

当たり前にね。

心もね、変わるんだよね。

すごく幸せ~って思った翌日に、どん底だよーって落ち込む。

もうダメだ自分はサイテーって叫んだ翌週、やっぱ自分っていいかも、

なんてなことを思う。

カウンセリングルームに来る相談者の人は、みんなたいてい落ち込んでる。

こんな自分はダメです。あんなこと言ってしまった自分はサイテーです。

ダメダメの自分、サイテーの自分。どうしたらいいですかって、うつむいて私に聞くのです。

そりゃあまあ、元気な時にわざわざカウンセリングになんて来ないからね。

気持ちが落ち込んでるとき、ほんとにもうどうしたらいいか分からないときに

ここに来てくれるわけで、私はそんな人たちの話を聞くわけです。

で、私は言うのです。「心の天気を毎日つけてください」って。

小学校の夏休みの宿題に、毎日のお天気を書き込むっていうのがあるよね。

それと同じで、手帖でもスマホにでもいいから、毎日自分のこころの天気を書いてください。

雲ひとつない快晴、晴れ、曇り、雨、土砂降り、なんて具合にね。

で、その下にちょっとしたメモも記入しておく。

自分の出した企画書が通った。晴れ\(^_^)/

美味しいディナーを食べた。晴れ\(^_^)/

友達に誤解された。曇り(><)

彼に振られた。土砂降り(T_T)/~~~

って感じで毎日書いてみる。

そうすると、どんな時に自分が落ち込むのか、どうなった時に気持ちは上がるのか。

客観的に自分をみることができるようになる。

今、ダメな自分が全てじゃない。気持ちなんてコロコロ変わる。

まるで夏の天気のように、晴れだと思ったら、いきなり雷雨になったりもする。

疲れて体調が悪いだけなのに、自分の性格が悪いからだと思い込む。

生理前でイライラしていただけなのに、自分はなんてダメな人間なんだと思い込む。

「幸せな気持ちが続かないんです」って言う人がいます。それ、普通です。

天気が変わるように心も変わります。

ずっと晴天なんてないじゃない。絶対に雨の日があるじゃない。

っていうか、雨が降らないと困るじゃない。

心の天気をつけるとね、予報も出来るようになる。

あ~、もうすぐ曇りになるな、とか、明日は雨だな、みたいにね。

で、あさってには晴れるな、なんてなことも分かる。

そうすると、今、落ち込んでいても、それはずっとじゃないなと思える。

「今日まで生きて来て、晴天なんて日はなかったです」と言う人もいます。

「雨ばっかりでした」と言う人もいます。

それでもやっぱりつけてください。

大雨、小雨、霧雨、、、雨にも色々あるわけで、ちょっとだけ晴れってのもあるわけで、

自分を見つめる習慣になるのです。

なので、「心の天気」毎日つけてみてくださいね。


0回の閲覧