検索
  • 麻木いろり

私はいる。


昔、

私はこの世界に存在しているのかどうか

わからなかった。

私は生きている……いる?

ここに居るのに誰の目にも入っていない。

私の声は誰にも届かない。

私の姿は誰にも見えない。

いるのにいない。

でも、私はいる?

いるの?

どこに?

そんなことばかり考えていた。

今、

私はこの世界に存在しているという実感がある。

私は生きている……いる。クェッションマークはつかない。

どうして実感するに至ったのかというと、

倒したから。私の中でいつも私を支配していた大きな敵を。

倒したから。

何十年という気が遠くなるような時間、私は支配されていた。

支配されていたということにすら気が付かなかった。

この支配からの卒業……

なんだなんだ、尾崎豊の歌みたいじゃないか。

私は、

やっとやっと自由になれた。

今まで生きて来た時間より、これから生きる時間の方が

短い。

それぐらいの時を経て、

やっとやっと自由になれた。

良かった。

私はいる。

ここにいる。

良かった。

それが分かっただけで、もう死んでもいい。

昔、私はいつも死にたかった。

でも、今は死んでもいい。

死にたいのと、死んでもいい、これはものすごく違う。

人は変われる。

いつからだって、どこからだって、

変わりたいと思った瞬間から変わることが出来る。


0回の閲覧