慣れる…

咲いたと思ったらあっという間に散ってしまうのが桜。

だからこそ、その一瞬が輝いているわけで、

だからこそ美しいわけで、貴重なわけで、

これが一年中咲いていたら、誰も花見なんてしないだろうね。

以前、高台のマンションに越したとき、

ベランダから見える夜景がきれいで毎日眺めていた。

でも一ヵ月も見ていたら、特別だった景色が日常になって、

洗濯物を干すときにしかベランダに出なくなった。

慣れる。

人ってどんなことにも慣れる。

幸せだな~って思ったことにもやがて慣れる。

慣れたら特に幸せだな~なんて思わなくなる。

苦しいことにも慣れる。

人が聞いたら、よくそんなキツイ状況で我慢できるよね、

なんていうことでも、当人にとっては慣れたことなので

人が思うほどキツイわけでもない。

苦しい苦しいと言いながらも慣れていく。

悲しみにも慣れる。

あ~、人はどんなことにも慣れる生き物なんだ。

いや、慣れてなんていない!

どうすることも出来ないんだ!

っていう人もいるけれど、でもそういう人も

やっぱり慣れているんだと思う。

なんなんだろうね、

幸せって。

なんなんだろうね、

苦しみって。

今日、本屋さんをぶらぶらしていて見つけた。

「生まれたきたことが苦しいあなたに」

大谷崇さんが書いてる本で、シオランの思想をひもといたもの。

パラパラとめくったページに

「社会とは番人のいない牢獄」っていう文を見つけたので、

買ってしまった。

今から読もう📚

45回の閲覧